介護保険を申請する上で知っておくべき注意点とは?

介護保険を利用するためには申請する必要がありますが、どんな点に注意すれば良いのでしょうか?

介護保険の申請は高齢者本人か家族が自力で行わなくてはいけないため、まずは自治体の窓口で相談してみると良いでしょう。

介護保険の申請には申請書だけでなく各種書類が必要ですから、介護保険被保険者証と身分証明書と主治医の意見書、マイナンバーや印鑑などが必要になる事が考えられますので忘れずに用意しておきましょう。

介護保険を申請したら一次判定と二次判定が行われ、要介護度が認定されますが、介護度によって支給限度額の金額やサービス内容が異なりますよ。

介護認定調査では、できる事をできない、できない事をできると言ってしまうと介護度に影響する可能性があるため、普段通りの様子を伝える事が大切です。

関連記事

ページ上部へ戻る