要支援と要介護、サービスに違いはあるのか?

要支援や要介護など介護度によって、利用できる介護サービスには違いがあると言われていますよ。

介護度によって利用できるサービスと利用できないサービスがあり、例えば介護施設なら、特養は要介護度3以上の高齢者が入居できますが、要介護度が低いと認定された場合は入居したくても入居できないのです。

福祉用具は歩行器や手すりなどは介護度に関係なくレンタルできますが、車椅子や介護用ベッド、移動用リフトなど、多くの介護用具は要介護度2以上の高齢者ではないとレンタルできないので注意しましょう。

訪問介護サービスは介護予防訪問介護であれば要支援の高齢者も利用できますが、夜間対応の訪問介護サービスは要介護度1以上の高齢者のみ利用できるのです。

関連記事

ページ上部へ戻る