介護保険で上手にショートステイを利用するポイントとは?

ショートステイを利用するなら介護保険を上手に活用するのがオススメですよ。

ショートステイは要支援1や2の人も利用できますが、介護保険を活用する場合は、要介護度によって利用できる日数に違いがあり、要支援1では6日までですが、要介護度4や5なら30日の利用が可能なのです。

短期入所生活介護と短期入所療養介護のみ介護保険が適用されますが、有料ショートステイを利用する場合は介護保険が適用されないため注意が必要ですよ。

要介護度によって介護保険で利用できる金額に限度があり、基本料のみ介護保険が適用され、それ以外の食費などの料金は自己負担になるのです。

ショートステイを利用する前にケアマネジャーに相談してみると良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る