介護保険は月ごとに上限がある?

介護保険を利用して様々な介護サービスが利用できますが、毎月支給限度額があり、介護度によって限度額も異なりますよ。

介護度が重くなるほど必要な介護も増えてるので限度額も多くなり、利用者負担は原則として1割から2割、または3割だと言われています。

限度額以上のサービスを受けたいなら、全額が自己負担になるのです。

介護保険サービスでは在宅サービスや特定福祉用具の購入、住宅改修を利用する場合それぞれ上限額が決められていて、例えば介護保険で住宅改修する場合には現住所につき20万円が支給限度額になっていますよ。

地域密着型サービスは毎月の支給限度額が決められている為、色々とサービスを組み合わせて利用する事ができるのです。

関連記事

ページ上部へ戻る