介護サービスを利用できる人とは?

どんな人が介護保険のサービスを利用できるのでしょうか?

介護サービスは自宅で利用できるサービスと施設で利用できるサービスの2種類があり、自宅の場合にはホームヘルパーやデイサービス、訪問看護などのサービスを介護プランに基づいて利用する事ができますよ。

自宅で介護に必要な福祉用具を使用する場合には購入かレンタルができますが、福祉用具購入費は1年間で10万円が給付されていて、高齢者の要介護度によって一割負担から三割負担になるのです。

自宅で生活しやすくなるよう介護リフォームを行う場合には、住宅改修は20万円を一括か分割で使用できるのです。

介護保険は要介護度認定を受けた人なら誰でも使用する事ができますので、介護が必要になった方はぜひ活用しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る