要介護認定とは?

最近では、ご高齢の方が増え、介護を受けてる人はとても多いですよね。
その介護を受けるためには、要介護認定が必要なことをご存知でしたか?

要介護認定とは、介護保険を利用するために必要な認定で、介護保険の保険者、つまり市町村の介護認定審査会で判定されるという仕組みです。介護が必要な状態なのか、必要であればどれくらいの程度かな等で要介護度が判定され、利用できるサービスやその内容が決まるのです。分類は、要介護度1~5、それより軽い要支援1~2、介護サービスの利用はできない非該当があるそうです。

介護を受けるのに必ず必要な認定ですので、介護を受けたい場合や受けさせたい場合は受ける前に、よく調べて要介護・要支援認定を受けましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事