介護保険の仕組み・利用法

介護保険は65歳以上の方が対象の第1号被保険者、40歳〜64歳の方が対象の第2号被保険者が用意されており、それぞれ利用できる条件が違います。

第1号被保険者は、病気や怪我などの介護が必要になった原因に関わらず、介護が必要と認定されれば介護サービスを利用できます。
一方で第2号被保険者は、老化が原因とされる特定疾病により介護が必要と認定された場合にのみ介護サービスが利用できます。
自己や特定疾病以外の他の病気が原因で介護が必要になった場合には対象にならないので注意しましょう。

介護サービスを利用する為には、まず本人か家族が各市町村の介護保険担当窓口にて申請を行ないます。
すると心身の状態を確認する為に調査員が自宅に訪問し、本人または家族から聞き取り調査を行なったら、その結果と主治医の意見書をもとに、介護認定審査会が審査・判定をします。
その後、市町村が認定をすることで介護サービスを利用できるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事