第一号被保険者とは

介護保険のことを調べるとまずでてくるのが「第一被保険者」という言葉です。
介護保険の被保険者のうち、65歳以上の人を対象としている言葉で、介護が必要になった時に市町村から要介護・用支援の認定を受けて介護保険サービスを利用することが出来ます。

ちなみに第二号被保険者は40歳以上65歳未満の方を指し、特定の老化や病気で要介護となった場合に認定を受けて介護保険サービスを利用することが出来るようになります。
この判断、認定は各市区町村によって行なわれます。

また、第一被保険者の保険料は各市区町村によって異なり、原則として日本年金機構などの年金から年金を支払う前に介護保険料が差し引かれて市町村に納入されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事