介護保険の自己負担増 2割から3割へ

現役並みの収入がある高齢者が介護サービスを利用する時、自己負担を3割にまで引き上げるという介護保険関連法改正案が今国会で成立する見通しとなりました。

自己負担の引き上げは2015年8月、年収280万円以上の方が1割負担から2割負担に引き上げられましたが、この2割負担引き上げの対象の中から更に年収340万円以上、年金のみの収入の場合は344万円の人の負担が引き上げられることになります。

対象となるのはおよそ12万人で介護保険利用者全体の3%になる見込みだそうで、施行は2018年8月が最有力候補です。
自己負担限度額は今までと変わらずに設けられており、超えた分のお金に付いても別の制度で戻ってくることになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事