介護保険サービスの全体像

介護保険の全体のサービスとして、被保険者が保険料を払い、その中の保険事故にあった人に対して保険の給付が行なわれるというのが基本的な仕組みになっています。

介護保険が登場した後、あまりにも給付金額が多くなってしまったことから、2006年に大幅な改正が行なわれ、要介護・要支援にならないようにしようという働きも追加されました。
それが地域支援事業で、最終的に介護保険が提供しているサービスというのは、保険給付と地域支援事業となります。

地域支援事業は大まかな目的は先ほどの通り、被保険者が要支援・要介護にならないようにするということですが、既に要支援・要介護になってしまっている方に対してもよりクオリティの高いサービスを提供することがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事