介護保険の給付について知っておこう!

介護保険の給付については、色々とややこしいと言われていますが理解しておくと何かと便利ですよ。

居宅要介護被保険者は、指定居宅サービスを利用するたびにサービス事業者に被保険者証を提示する必要がありますが、サービス利用の際に毎回提示を実施している所は殆どないと言われていて、顔パスの所も多いのだそうです。

居宅サービスで医師が虚偽の診断を行って不正受給があった場合には、医師にも徴収金の納付が命じられるのだそうです。

居宅介護サービスや指定の地域密着型の介護サービスなど事業者の種類に応じて指定機関もそれぞれ異なりますが、居宅サービス事業者には訪問介護から訪問リハビリ、デイサービスや訪問入浴介護、福祉用具貸与などが含まれていますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事