介護保険で何ができるの?

介護保険については自治体ごとに多少の違いがありますが、介護保険制度の運営は市町村が行っていて、要介護度認定や介護保険証などの交付をしたり、介護サービスの整備などを行っているのです。

地域包括支援センターは、介護に関する総合的な相談ができる拠点ですから、介護予防ケアや相談支援、ケアマネージャーへの支援や高齢者への虐待の早期発見など様々な事をやっていますよ。

介護保険は国民みんなで支え合うという制度であり、被保険者として保険料を納めて、介護が必要になった時には一部の費用を自己負担してサービスを利用する事ができるのです。

65歳以上である第一被保険者は介護サービスを利用する事ができますし、40歳以上から65歳未満の第二被保険者は老化による疾患で介護などが必要になったらサービスを利用できるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事