介護保険の申請の流れと仕組みについて理解しよう

将来、介護保険の制度を使う事になるかもしれませんから、介護保険の申請や仕組みについて知っておきましょう。

医療保険や健康保険と異なる部分として、介護保険は高齢になったからといってすぐに使う事はできないので、介護保険を使いたい高齢者の介護度などを判定して介護が必要だと認められて初めて使う事ができるのです。

介護が必要かなと思ったら、市町村の窓口にて手続きを行う事になり、認定調査で心身の状態や高齢者の様子を職員が訪問して聞かれるのだそうです。

介護認定審査会にて判定が行われ、自立・要支援・要介護という結果が出るので、それに基づいてケアプランが作成されます。

自立や要支援の人は地域包括支援センターが窓口になり、要介護と認定された人はケアマネージャーという専門の人に担当してもらうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事