2018介護保険法改正のポイントとは

介護保険法は数年ごとに改正が行われますが、近年では2005年と2011年と2014年に改正が行われたのです。

2005年には介護予防に関する改正が行われて、介護給付の他に要支援者への予防給付を新しく作ったり、要支援者のケアマネジメントは地域包括支援センターで実施されるようになり、地域支援事業が実施されるようになったのです。

2011年には地域包括ケアシステムで介護と医療の連携を強化し、複合型のサービスなどを創設したのです。

2014年は高所得者の自己負担額が増額して、低所得者は介護保険料が減らされることになり、要支援は介護保険ではなく自治体主体の地域支援事業を利用できるようになったのです。

さらに、特養への新規の入所を要介護度3以上に限定するなどの改正が行われました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事