介護サービス利用には申請が必要!

ホームヘルパーやデイサービス、住宅改修などの介護サービスを利用したくなったからと言っても、すぐに利用できる訳ではありませんので、今回は介護保険認定を受けるまでの流れについてご紹介いたします。

65歳以上の高齢者には、お手元に介護保険被保険者証という物が送られてくるとおもいますが、その被保険者証を持って市役所などの窓口に行き、ご本人かご家族が介護認定を申請する必要がありますよ。

支援1・2か要介護1・2・3・4・5という認定区分になっていて、65歳以上ではなくても、特定疾病で介護が必要な方は40歳から申請することができるのです。

調査員による調査が行われて項目のチェックを行い、主治医による意見書も必要になりますが、一次判定はコンピューターで行われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事