介護保険の事業計画とは

国が定める基本指針に法って、介護保険法に基づいて市町村が介護保険事業計画を作成し、都道府県が介護保険事業支援計画を、それぞれ3年ごとに作成するのです。

老人福祉法に基づいて作成される老人福祉計画は、介護保険の対象になっている高齢者と被っているため、介護保険事業計画と内容が異なっていることのないよう一体の物として作成する必要がありますよ。

社会福祉法に基づいて地域福祉計画が定められますが、高齢者だけでなく児童や障害者も対象になっているので、バランスの取れた状態でなければなりません。

介護保険事業計画と介護保険事業支援計画にはそれぞれ定めるべき事項があり、サービスの種類ごとの量の見込みを立てたり、地域支援事業の量の見込みも定めなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事