介護サービスと利用者の負担とは

日常生活でも思うように体が動かせないという人もいるかもしれませんが、サービスを利用するなら介護保険のしくみについて理解しておくのがオススメですよ。

在宅介護サービスや介護予防サービスは1割負担ですが、通所サービスを利用する場合には、それ以外に日常生活費や食費を支払う必要があり、施設に宿泊する場合には、さらに滞在費を支払う必要があるのです。

滞納した場合には、1割負担が3割負担に増額してしまうので注意が必要ですよ。

入所や宿泊サービスを利用する場合に、所得によって金額が異なりますので、どれが該当するのか調べてみてはいかがでしょう。

1ヶ月の利用者負担額が上限を超えてしまったら、市町村に申請することにより支給してもらえますので、気になる方は窓口でご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事