介護保険の仕組みと目的

介護保険制度を正しく活用するためには、目的や仕組みなどを理解していると便利ですからご紹介いたします。

介護保険制度は社会保険方式で地域保険であり、老人福祉や老人医療の制度を再編成して作られ、利用者が選択して利用できるような仕組み作りが行われています。

現在でも高齢化が進んでいてますので、介護の費用を安定的に確保することを目的としており、社会保険制度の中で利用者負担が発生するのは介護と医療のみになります。

所得の違いによって加入制限はありませんので、年齢や疾病に応じて認定を受けることができますよ。

介護保険制度は改正されることもあり、自己負担額が増額すると言われていますが、負担料を多く支払ったからと言ってサービスを受けられる量が増えるというわけではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事