介護保険の制定の流れから理解しよう

介護保険の制度がなぜ制定されたのか知っていますか?
介護保険制度を理解するためにも、歴史を知っておくと良いでしょう。

1960年頃に高齢者福祉政策が始まり、63年に老人福祉法が制定されて、特別養護老人ホームが創設されたりホームヘルパー法制化されました。

1970年代には老人医療費が増大して、73年には老人医療費が無料化して自己負担分が老人福祉法で負担化されたことで財政が圧迫され始めたのです。

1980年代には、寝たきり老人や社会的入院が増加して社会的問題になり、82年には老人医療費の一定額が負担になり、89年には在宅福祉が推進されました。

1990年代にはゴールドプランが推進されて、94年には在宅介護がさらに充実したり、97年には介護保険法が成立したのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事