介護保険で何が利用できるの?

高齢や認知症により、自立した生活が困難だと感じるようになったら、介護保険の制度を利用することにより、心身の様々な悩みも解決することができるのです。

介護保険を利用すると、日常生活で必要な福祉用具が安価で借りられるようになりますので、介護用の電動ベッドやポータブルトイレ、車椅子やマット、歩行器や杖、手すりやスロープなど体の状態に応じてご利用いただけますよ。

訪問介護では、食事や掃除などの家事、食事や着替えの介助、入浴とトイレの介助などをご利用いただけますが、デイサービスでは自宅までの送迎や介護施設での食事、お風呂やトイレの介助などを利用することができるのです。

現在は自己負担1割ですが、今後の改正により負担額が増額することも考えられますので日頃からチェックしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事