介護保険制度の目的

介護保険制度は高齢化対策として誕生した保険制度で、介護が必要な高齢者を社会全体で支えることを目的としています。
自費では高くて利用し辛い、できないサービスであっても、この介護保険を利用することで10分の1の自己負担で利用できたりすることが可能です。

40歳以上になると介護保険に自動的に加入し、サラリーマンの方ならお給料から介護保険料が引かれることになります。支給される為には介護が必要な65歳以上、若しくは疾病などが原因で介護が必要となった40歳以上というような条件が必要となってきます。
要介護認定を受けているのなら介護保険を受けた介護サービスの利用も可能なため金銭的な負担が大きく軽減されることになり、ご本人はもちろんのこと、介護をしているご家族の方にとっての負担軽減にも繋がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事