介護保険で利用できる貸与サービスとは

介護保険では様々な介護のサービスが利用できますが、今回は居宅サービスについてご紹介いたします。

居宅介護のサービスでは、住宅改修費支給サービスと福祉用具貸与と特定福祉用具購入サービスがありますよ。

住宅改修費支給サービスは、要支援や要介護度の認定を受けていて、予防給付や介護保険の給付を受けている方が利用できるサービスであり、住み慣れた自宅で改修を行いバリアフリーに対応した室内で快適に暮らす事ができますよ。

改修に必要な費用を負担してもらえますので、簡単な規模の改修のみ適応されます。

福祉用具の貸与では、借りられる用具に決まりがあり、介護用のベッドやマットレス、車椅子の付属品や手すりなどがありますよ。

介護保険により9割の額が支給されますので、自己負担は1割の金額になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事