介護保険の納め方

介護保険は40歳以上になると納める事になりますが、40歳〜65歳までの方は第2号被保険者、65歳以上の方は第1号被保険者となり、それぞれ保険料と納め方が異なります。

まず、第1号被保険者の場合は介護保険料と医療保険料を別々に支払う必要があり、その金額と納付方法は貰っている年金額に応じて変わります。
月額15,000円以上貰っている方は特別徴収として年金から天引きされますが、それ以下の年金額の方は普通徴収として、口座振り込みなどで市町村に介護保険料を納めることになるのです。

第2号被保険者の場合には、加入している医療保険の保険料と一緒に納めることになります。
会社勤めの方は給料から特別徴収として天引きされ、個人事業主ならば口座振り込みで普通徴収として納めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事