介護保険の認定のための手続きとは

介護保険とは、利用者が費用の1割か2割を負担することで介護サービスを利用することができる制度のことです。

被保険者には介護保険を利用するための保険証が配られますが、この保険証だけでなく要介護認定の申請を受けなければ介護サービスを利用できませんので注意しましょう。

要介護認定の申請は、本人か家族が市区町村の介護関係の窓口で申請書を提出したり、市区町村によっては郵送でも受け付けていますのでお住いの申請方法を確認しましょう。

申請後に調査員が訪問調査に伺い、本人と会って要介護度の調査が行われますが、普段通りの日常の様子を見せることが大切ですから「できないことはできない」と正直に話しましょう。

専門家による介護認定審査会で、介護が必要かどうかの審査を行うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事