各機関の役割、介護保険を活用しよう

介護保険を利用する上で関わっている様々な人たちの関係性を知っていると、介護保険について理解を深めることができますので、ぜひ覚えておきましょう。

介護保険制度は、保険者である市町村や、要支援や要介護認定を受けた被保険者である利用者、サービスを提供している事業者により成り立っています。

利用者は市町村に対して保険料を支払い、サービス提供事業者が利用者に対してサービスを提供し、利用者は介護保険を利用して1割(2割)を負担するのですが、事業者は残りの9割(8割)を市町村から収入として得ているのです。

ケアマネージャーによる介護支援のサービスを提供している事業者は、利用者の金額負担がありませんので、市町村から10割を得ています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事