介護保険制度を活用しよう

97年12月に成立されて2000年4月に施行された介護保険制度は、介護サービスを利用する上で理解しておくと便利ですから、重要な部分についてご紹介いたします。

加入者は第1号被保険者の65歳以上の人ですが、これは介護が必要になった原因は問わずに給付を受けることができるのです。

他に、特定の疾患を患っている40歳から64歳の第2号被保険者が該当しています。

受給の対象者は介護度などに応じて7段階あり、要支援度と要介護度でそれぞれ支援度の高い方ほど、介護の支援がより必要になってきますので支給限度額も高くなってくるのです。

自己負担については、居宅サービス費の利用者負担が1割になっていて、施設サービスの食費は全額が自己負担になるのです。

http://youtu.be/kLkLHC5vg88

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事