改正された介護保険法のポイントとは

高齢者人口の増加に伴い、2017年の4月に介護保険法などの改正が行われましたが、具体的にどのようなことが変更になったのかご存知ですか?

保険者機能の強化では、市町村がデータ分析や都道府県からの支援を受けて、介護の重度化を防止したり、自立支援を促すことです。

介護医療院の創設は、現在の介護療養病床の一部が生活施設としての位置づけとなるのです。

共生型サービスの位置づけでは、介護保険は高齢者が対象になっていますが、障害を持った人などと一緒に過ごすという新しい共生サービスが増加しているのです。

所得の多い層の3割自己負担は、所得に応じて1割や2割の負担額がありましたが、現在でも現役並みの所得のある方は3割負担してもらうということになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事